インターネットでセフレを作る方法

割り切りの関係インターネット掲示板や、line掲示板を使ってナンパして知り合った異性といろんなメールができる仲になったら、メル友という文面だけの関係を脱却し、それをセックスフレンドにまで引き上げる計画を立てましょう。

最初からセフレを募集している美人妻もいますが、そう簡単に知り合えるものではありません。

セフレの作り方はいろんなやり方がありますが、一番大切なのは誘い方です。
いきなり「セックスをしよう」なんて誘うのは愚の骨頂です。であればまずはデートのお約束を取り付けるところから始めなければなりません。

デートというのは、当然のことながら、ふたりが、直接顔をあわせることによって成立するもの。メールだから、と安心して連絡をとっているような女の子も多く、いくら割り切りといっても、実際に相手と会わなければならないデートというのは、彼女らにとっては大きなリスクを伴うものであり、そう簡単にOKを出せたものではありません。

しかしながら、言い方ひとつで、彼女らを「うん」と頷かせることもできるのです。
ただ誘うのではだめ。相手が、「私が行ってあげないと・・・」「会ってあげないと・・・」と思うような言い回しを考えることです。
そうすれば、成功率は飛躍的に上昇します。

下心を隠す

そのポイントですが、まずは、「下心を感じさせないこと」です。
メールで話す下ネタと実際のエッチは別です。こいつヤりたいだけっぽいぞ、と思ったら途端に女の子は閉口し、それまでいくら仲良くしていたとしても、連絡を無視するようになります。それでは駄目なのです。

たとえば、「明日の夜、飲みに行かない?」と顔も知らない人間にメールで誘われれば、女の子はどうしても、男の「下心」ってやつを感じ取ってしまいます。当日セックスできるかどうかはあなたの腕次第であり、昼も夜も関係ないのです。それでしたら、馬鹿正直に自分の目的を相手に伝えてしまうようなデート内容を提示するのではなく、「昼間に」、「二、三時間」といった、健全なものを提案しましょう。

会おうと言われれば多少は下心があるように感じてしまいますが、それはもう仕方ない。その印象をどれくらい薄れさせられるかがポイントです。

私である理由

また、「どこに行くのか」、「なぜその私(女性)なのか」というのも、彼女らにとっては重要です。ちょっと質問されて言葉に詰まってしまうようだと、女の子は「ほらみろ、やっぱり体目当てじゃないか」と思ってしまいます。

そうさせないために、デートに誘う理由、目的というのはあらかじめ用意しておくことです。そして、デートの内容もちゃんと考えること。喫茶店でお話ししようよ、これじゃあ駄目です。なんの魅力も感じませんし、そんなことのためにどこかに赴くのも面倒くさい。

私が実際に人妻を落とした台詞は、こんなものです。
「○○って映画知ってる?すごく観たいんだけど、あれって恋愛モノでしょ。ひとりで行くの恥ずかしいんだよね。もし、○曜日ヒマなら、付き合ってくれない?仲良くしてる女の子なんて、君くらいだし、男と行くのはむなしいし・・・もちろん、奢るからさ!」

このメールに対し女の子は、「レンタルまで待てばいいじゃん」と言ってきましたが、「だめだめ、映画館で観るからいいんだよ!もしかして、あんま映画館とか行ったことない?あそこで食べるキャメルポップコーン超おいしいよ!特別に君にはふたつ買ってあげよう」と切り返しました。

すると「ふたつは要らない(笑)えーでもなー、会うのはなー」と言ってきたので、「お願い!マジで○○ちゃんしかいないんだって!」と押しに押していると、最後には「しょうがないなー。いいよー」と言ってくれました。

そして僕らは会い、映画を観、ついでに酒でも飲むかと居酒屋に入り、良い雰囲気になり、最後にはホテルに行きました。あの達成感。城を攻め落としたように気分です。このように、言い方ひとつで女の子を落とすことはできるのです。あなたも、がんばってくださいね!